検索


▼商品を探すならココから!
カンタン検索   
商品一覧   

カラーで探す

タイプ別で探す

その他カテゴリー

会社概要

会社概要

営業時間:平日10:00-18:00
定休日:土日祝日
TEL:0120-826-963
お問合せはコチラ

よくある質問

当サイトでは、プライバシー保護のため、GeoTrustのSSL証明書を使用し、SSL暗号化通信を行っています。

ありがちな間違い

視力と矯正度数の違い

「視力」と混同されることも多いですが、視力と 矯正度数 とは違います、
めがねを掛けて視力が1.0~1.2くらいになるために どのくらいの レンズが必要か、と言う感じです、
よくレンズの箱などに -1.00Dなどと書かれていますが それがいわゆる“度数”です。

仮に近視の場合 だいたい 裸眼視力(例えば何も装着していない時)が0.7くらいであれば、度数は-1.00D前後です。
裸眼視力0.3くらいだと -2.00D前後、 0.1くらいで -4.00D前後、
数値が大きくなるほど 度が強い、(眼が悪い)と 言うことになります
裸眼視力が1.2くらいある方は ”0度”という事になります。

※視力の要因には色んな要因があるので必ず眼科で検査をしてもらって下さい。

近視の場合は、凹レンズ(-1.00Dのようにマイナス表示)
遠視、老眼の場合は、凸レンズ(+1.00Dのようにプラス表示) を使います、 (*厳密には度数とジオプトリー(例:-1.00DのD)とは違いますが、一般的には同じ意味として使用しても差し支えないと思われます)

視力は個人個人の ”見る” 能力であり、度数を上げたからといって視力がでるとは限りません。
レンズはあくまでも屈折の手助けをするものとお考え下さい。


以前の度数と変わっている可能性もございますので、ご購入前には眼科で正確な処方データを確認するようにして下さい。